目隠しフェンスの価格相場はどれくらい?

アルミ製目隠しフェンス

 

外から家の中を見ることができないようにしたい!そう思ったら目隠しフェンスの設置がおすすめです。

 

念願の新築一戸建てを購入したのに、隣家に住むおじいさんの視線が気になったり。。

 

せっかく建てた我が家の庭が全面丸見え状態で、家に帰ってくるとリビングのカーテン越しから見られてると思うとちょっと嫌ですよね。

 

 

そこで、目隠しフェンスを設置するれば高さが生まれますので、無理にのぞかない限りは外から家の中が見えることはありませんよね。

 

外から家の中が丸見えになると生活しづらくなりますので、この悩みを持つ場合は目隠しフェンスの設置を検討することをおすすめします。

 

そこで気になるのが目隠しフェンスの価格や値段です。

 

目隠しフェンスはどんなフェンスを選ぶか、またどのくらいの長さのフェンスを設置するかによっても費用が異なります。

 

平均相場としては1メートルあたり10000〜20000円となっています。

 

ただこれは安い素材を使った目隠しフェンスの場合。

 

ウッド調の目隠しフェンスなどは素材が非常に高く、40000〜80000円にもなることもあります。

 

目隠しフェンスの素材によって大きく価格が異なりますので、予算に応じて目隠しフェンスの種類を選ぶと良いでしょう。

 

一番安価な目隠しフェンスの素材はアルミです。

アルミ製目隠しフェンス

 

アルミのものは見栄えはそこまで良くないものの、ある程度の耐久力はありますし、目隠しとしてもしっかり機能してくれます。
そのためなるべく安価で済ませたい場合はアルミの物を選びましょう。

 

さらに、費用が変わるのが、フェンスの高さです。どのくらいの高さの目隠しフェンスにするかによっても大きく変わってきます。

 

隣の家との境界にはブロックなどが積まれていますでしょうか?
何もされていないのであれば基礎からの工事になります。
2通り考えられます。

 

  1. ブロックを積んで目隠しフェンスをするか?
  2. 独立基礎を埋け込んで目隠しフェンスにするか?

です。

 

よく見かけられるメッシュのフェンスや縦格子のフェンスは定価の30パーセント以下になることがありますが、
目隠しフェンスは量産品ではなく、得値の商品がなく定価の40〜45パーセントが販売店の仕入れ価格です。
いずれにしても高くなります。

 

 

目隠しフェンスを立てるのに必要な高さはどのくらいが良い?

 

一軒家を持っている人に取って悩みとなるのが、外から家が丸見えになってしまう事ではないでしょうか。
特に歩道や車道に面している場合、塀が低かったりすると家の中は丸見え。
よく晴れている日でも一日中カーテンを閉めておかなければならなくなるので、それでは快適な生活を送れませんよね。
そんな時に役立てたいのが目隠しフェンス。

 

塀の上に設置することで目隠しになるので、土地内にはいらない限りは家の中を見ることができません。
では目隠しフェンスを立てるなら、どれくらいの高さが必要なのでしょうか?

 

目隠しフェンスなどは最大で3メートルほどまでは対応できるといわれています。
しかし3メートルとなるとかなり高く、圧迫感があるので見た目的にもよくありませんし、住んでいる身としてもすこし息苦しいかもしれません。

 

また2メートル以上でもかなりの高さがありますので、必要最低限の高さに抑える事がおすすめです。

 

自治体によっては地震対策でフェンスではなく生け垣を奨励しているところもあります。

 

2mの目隠しフェンスを設置するのは遮音壁を設置するぐらいのコストがかかります。
基礎も大きくなりますので、その手間賃も余計にかかってしまいます。

 

アルミ製目隠しフェンス

 

歩道や車道に面している窓などの高さに合わせて、目隠しフェンスの高さを決めましょう。
窓全体が隠れなくても、窓の3分の2程を隠すことができれば多くの人は家の中を見る事ができないと思います。
1.5〜2メートルの範囲内で、窓に合わせて目隠しフェンスを設置しましょう。
そうすれば圧迫感を感じることなく、家の中を上手に隠すことができます。

 

もし2mの目隠しフェンスを建てるのであれば、1mのブロック塀の上に1mの目隠しフェンスを付けると目隠しフェンスの値段は格段に安くなります。

 

人工樹脂製の安いフェンス目隠しフェンスがありますが、長く使っていると柱が鉄の為腐ってきますので、要注意です。

 

目隠しフェンスを設置するのにおすすめの業者探しならこちら

価格を重視する場合は施工費を安くしてくれるところを選ぶことも大切です。

 

目隠しフェンスの設置するを検討する場合、リフォーム業者を探すなら近くのショールームなどに足を運ぶのもいいでしょう。
そこで営業担当の人に説明を受け、見積もりをもらっていくらになるのか見てみるのがオーソドックスです。

 

しかし、なるべく費用を抑えたいですよね。

 

目隠しフェンスの設置を抑えるには、

 

1、本体(材料)の価格を下げる
2、目隠しフェンスの工事費用を下げる

 

その両方を下げることをしなければいなりません。

 

リフォーム業者から見積りをもらいますが、そこ大きな内訳が以下になります。
1)材料費
2)工賃
3)諸経費

材料費は、フェンスの材料(木材、アルミなど)商品を仕入れる値段
工賃は、工事してくれる人の人件費です。
最後の諸経費は、リフォーム工事を行う上でスケジュール管理といった現場監督の費用、リフォーム会社を維持、運営するための費用です。

 

良い施工業者の見積りは、見積書の内訳が細かくなっています。摘要などにも細かく記載している方が良い会社です。
一方、〇〇一式といった内容が明確でないものが多い見積書を出す会社は、要注意です。そこで盛られている可能性もあります。

 

また1社だけでの見積りだけで判断しないこと。

 

リフォームする施工会社の仕入れ先の得意不得意による資材の値段の違い、メーカーの違い、お宅から施工業者との距離による運送費の違いなど色々な要素が関係してきます。
長年目隠しフェンスを販売してきて仕入れを安くできているリフォーム業者であれば原価は安いでしょう。
大手のリフォーム会社は施工御者に丸投げしてマージンがかかるのでそれを抜いたら安いでしょう。
自社施工できめ細かな対応ができている(きちんとした営業マンがいる)ところは安く、きめ細かい対応もできるでしょうし、ちゃんとして営業がいないような施工業者だと納得のいかない施工になってしまうかもしれません。
中間マージンがあっても営業マンが納得できるリフォームの提案をしてくれれば逆に多少マージンが乗っても良いリフォームができるというものです。

 

そのためにも数多くのリフォーム業者から見積りをもらい、どこが安いのか比較することが重要です。

 

1社のみにしてして相場が分からず、費用をやたらと高額請求されるのも心配ですよね。
ちなみにメーカーショウルームの見積は目隠しフェンス本体は定価でしか出しません。メーカーで見積すれば安くなると思われがちですが、メーカーは本体部品を売るのが仕事です。
そこでおすすめなのがリフォームの一括見積サイトです。

 

 

リフォームの場合、適正な価格やプランの善し悪しは、複数社の案を見比べれば色々と分かってきます。

 

なので複数社からリフォームの見積もりをとり、比較検討してから依頼先を決めるようにしましょう。

 

 

複数社の比較検討が一度の入力で効率的にでき、信頼性も高いので近年利用者が増えています。

リノコ

パソコンから希望の箇所、予算などを入力すると、要望に合った会社を複数紹介してくれます。

 

見積りが出たあとは価格や内訳、プラン、担当者の対応などを比べ、最終的な依頼先を決めます。

 

複数社を比べて一番納得できる1社を選ぶ方法べば満足のいくリフォームにもつながります。

 

リフォーム一括見積サイトでは、厳しい審査基準をクリアした地元の優良会社のみを紹介してくれます。

 

目隠しフェンスの設置を検討している方は一度一括比較サイトを利用してみましょう。

 

 

↓無料でできるリフォーム業者の一括見積はこちら↓

リノコ

 

 

 

目隠しフェンスを設置するには一括サイトで見積もりを取るのが得策

目隠しフェンスの設置を考えている人はネットでリフォーム業者のサイトを色々とみていると思います。その中にリノコというサイトはあります。

リノコ

 

リノコには数多くのリフォーム業者が登録しており、サイトを経由してリフォーム会社を紹介してもらえるサイトです。

 

【リノコの利用手順はこちら】

 

↓まずは、お住まいの都道府県を選択します。

リノコの利用方法

 

↓物件の年数を記入します。

リノコの利用方法

 

↓現在の状況をお選びください。

リノコの利用方法

 

↓リフォーム内容を選びます。

リノコの利用方法

 

↓連絡先の電話番号を入力します

※工務店からの営業電話は来ませんのでご安心ください。

リノコの利用方法

 

↓メールアドレスを入力します(任意です)

リノコの利用方法

 

以上でOKです!
名前などの個人情報を入れる必要もなく、30秒ほどで無料見積りができますよ!

 

このリノコのメリットは、悪質な業者に引っかかることなく最適な業者を紹介してもらえる点でしょう。
リノコには数多くの業者が登録していますが、全て厳しい審査基準をクリアして登録された業者です。

 

ですので悪質な業者はまず審査に落ちてしまうでしょう。

 

そしてその優良な業者を紹介してもらい、何となく自分の希望とは合わないと思ったら再度業者を紹介してもらうこともできます。
自分が納得いくまで相談できるので、この点もメリットの一つと言えます。

 

また複数の業者の見積もりを一度で取ってもらうこともできますので、一つ一つの業者にお願いする手間も省けます。
一つのサイトでリフォーム業者を決めることができるのでとても便利が良いですよね。

 

見積りは無料ですし、どのくらいの費用でできるのか分かりますので、とりあえず申し込んでおいた方がお得です。
リフォームがまだ検討段階でもメリットは多ので、とりあえずリノコを利用してみてはいかがでしょうか。30秒ほどで入力は終わります。

 

↓安い業者を探したい方はこちらのリノコから↓

リノコ